NEXTアジア

161202 nextasia icon
日系企業にとって有望な消費市場はどこなのか。NNAでは中国やシンガポールといったおなじみの市場ではなくアジアの限界にまで視野を広げ、まだよく知られていない8カ国を選定、現地取材を敢行した。
すべての文頭を開く

【NEXTアジア】近くて遠い国でスマホ買ってみた 現地ルポ番外編:北朝鮮(02/10)

夜の平壌の街。派手にライトアップされた光景が印象的だ
「さらに先にあるアジア」の可能性を探るため、特集「NEXTアジア」では知られざる国々を紹介してきた。…

続きを読む

【NEXTアジア】ここはアジアなのか、ワイルドすぎる大島国 現地ルポ8:パプアニューギニア(02/03)

首都ポートモレスビー市のホホラ市場。近代的なショッピングセンターが建つ一方で、こうした市場もまだ残っている
パプアニューギニア(PNG)では、液化天然ガスの輸出などを背景に中産階級が育って来た。資源開発は都市…

続きを読む

【NEXTアジア】消費高まる「ミニタイ」、変わるメコンの中心郷 現地ルポ7:ラオス(01/27)

タイ北部チェンマイ発祥の高級スーパー「リンピン・スーパーマーケット」は、ビエンチャンに海外初店舗を出店。チーズ、ワイン、牛肉、オーガニック野菜、果物など高級食材や日本食材も並び、富裕層や外国人駐在員から支持を集める
人口650万人の小国ラオス。タイとベトナムに挟まれた内陸国で日本企業の注目度は高くなかったが、近年はメ…

続きを読む

【NEXTアジア】大国に挟まれた草原の国、市場の「隣人」はどこか  現地ルポ6:モンゴル(01/20)

広大な草原に覆われた国、モンゴルは、歴史や経済、文化の各面で、ロシアと中国という巨大な隣国の影響を受…

続きを読む

【NEXTアジア】アジア西の果て、市場沸く未来国家 現地ルポ5:カザフスタン(01/13)

首都アスタナ市のショッピングモール「ハーン・シャティール」の内部。テント型施設の内部をおびただしい数の買い物客が埋め尽くし、その頭上を絶叫マシンが急降下する
一歩先のアジア市場を探るカンパサール「NEXTアジア」特集。第2弾では、さらなるディープステージへ突…

続きを読む

【NEXTアジア】人口2億人、欧米化する巨大市場 現地ルポ4:パキスタン(2016/12/23)

2011年に開業したカラチ市の近代的ショッピングセンター「ドルメンモール」。英系百貨店、仏系スーパー、米系ファストフードなど欧米ブランドが多数出店(ジェトロ提供)
最大都市カラチの空港を出ると視界に飛び込むのは米ハンバーガーチェーン、マクドナルドの店舗だ。空港から…

続きを読む

【NEXTアジア】市場開拓の鍵はインド?農業が盛んな「幸せの国」 現地ルポ3:ブータン(2016/12/16)

「幸せの国」と呼ばれるブータン。標高2,000メートルを超える空の玄関口パロから首都ティンプーに向かう道…

続きを読む

【NEXTアジア】ロシアの東アジア玄関口、存在感示す日系商品 現地ルポ2:ウラジオストク(2016/12/09)

成田から飛行機でわずか2時間。こんなところに「アジアの、その先」があった。ロシア極東の都市ウラジオス…

続きを読む

【NEXTアジア】未踏の地、思った以上に潜在市場 現地ルポ1:東ティモール(2016/12/02)

笑顔ある丁寧な接客が日系チェーンらしさを感じさせる
日系企業が次に向かうべきはアフリカか、南米か、一周回って欧米先進国か。いやいや攻めるべきはやはりアジ…

続きを読む

すべての文頭を開く

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン