• 印刷する

米制裁延長の影響なし、ミャンマー商工会

米国政府による対ミャンマー経済制裁の延長決議を受け、ミャンマー商工会議所連合会(UMFCCI)のマウン・マウン・レイ副会頭は、「経済活動に影響を及ぼさない」との認識を示した。

地元メディアが22日に報じたもので、副会頭は、「米国による経済制裁は既に行われており、今回も単に更新されただけで、顕著な影響が出るとは考えていない」と語った。また、「基本的に状況を知る企業や実業家にとって(制裁延長は)大した問題ではない」とも述べた。

米国政府は今月15日、ミャンマーに対する経済制裁の一部を1年延長することを決めた。ミャンマー西部のラカイン州などで少数民族問題が解決されておらず、非常事態が続いていると判断した。


関連国・地域: ミャンマー米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

タイはミャンマーに関与を、ジャーナリスト(08/12)

中国向けトウモロコシ輸出、86社が許可申請(08/12)

通信アトム、児童養護施設支援に6400万円(08/12)

11日の感染者21人、死者ゼロは127日連続(08/12)

元復興相と国軍トップ会談、現職議員初(08/12)

【プロの眼】滞在先で紛争発生 命と安全どう守る(08/13)

日本送り出し、現地人主導で 高まる海外就労意欲と日本(3)(08/12)

キリン、ミャンマー事業利益46億円を計上(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン