ラオス、送電網整備に7千万ドル投資

ラオス電力公社(EDL)は電力整備計画の一環として、来年に7,150万米ドルを投じて北部と中部の送電網を整備する計画だ。整備対象となるのは、ビエンチャン、サイニャブリ、ウドムサイ、ルアンナムター、シエンクアン、ルアンパバーンの6県とサイソンブン特別区。約200キロメートル…

関連国・地域: ラオス欧州
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

中老鉄路が3日開通、運賃など発表(12/02)

1日はコロナ感染1425人、死者8人(12/02)

ラオスと首脳会談、コロナ対策などで協力(12/02)

コロナ対策委、新変異株への警戒呼び掛け(12/01)

26~30日はコロナ感染6416人、死者27人(12/01)

暗号通貨の取引停止、中銀がプーシーに指示(11/30)

【ラオス経済通信】中老鉄路の開通準備が大詰め 第167回(11/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン