【総括】ベトナム投資、中国リスクで脚光

ベトナムは今年、日系企業の新たな投資先として大きく脚光を浴びた。反日デモや人民元切り上げなどにより、中国一極集中リスクの回避が、より切実な課題として認識されるようになった現象の反映だ。今年の外資の対越直接投資(FDI)は前年比25%増の58億米ドルとなったが、「中国プ…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【コロナを超えて】富士ゼロ、越の生産が急伸 21年から北部工場で主力機製造へ(09/24)

オンライン消費が6割増加 東南ア、世代間格差の縮小も(09/24)

全世界から入国再開へ、3カ月以上の滞在者対象(09/24)

東南ア通貨、安定もドン高圧力=三菱UFJ(09/24)

タインコン、自動車裾野産業区を着工(09/24)

現代自の越工場3交代制に、増産方針(09/24)

航空各社の国内線、客足が回復(09/24)

ラックフエン港2埠頭の建設を提案(09/24)

サムスン、越の商工省・バクニン省と覚書(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン