【カンボジア法】第28回・不動産取引に関する法律(5)

<今回のポイント> 本稿では、担保物権の内、不動産取引との関係で重要性の高い不動産質、及び、抵当権について紹介する。 ■1.担保物権の種類 担保物件は、民法又は特別法に定められるものに限られ、民法では、留置権、先取特権、質権、抵当権及び譲渡担保権の5つが定められて…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

国内のコロナ感染者、13日ぶり確認(09/29)

チクングニア熱、南部で感染が急増(09/29)

大国の圧力は平和に障害、首相が国連で演説(09/29)

テーゾイ、カンボジアで家電50店体制へ(09/29)

20年成長率、マイナス4%に修正=ADB(09/28)

コロナワクチン供給、首相がロシアに要請(09/28)

プノンペン商銀とトゥルー、融資返済で提携(09/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン