政府と協調路線で福祉充実:労組最大勢力、4分野の改善要求

インドネシアの労働組合は今年、政府との協調路線を探る。数年前から最低賃金の引き上げを要求する労働者の不満を解消するためにデモ活動を強めてきたが、新たに発足したジョコ・ウィドド政権が労働者の生活支援策を強化することに期待。住宅、交通、医療、教育の4分野を手厚くす…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 医療・医薬品建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:不要不急の外出は避けた…(09/23)

パーム油輸出、7月は回復 世界需要弱く、業界は内需に期待(09/23)

トヨタ、旗艦スポーツカーの新モデル発表(09/23)

シャープの空気清浄機、コロナで需要5倍(09/23)

パティンバン港運営、地場資本が過半=運輸相(09/23)

バンテン州の行動制限、10月20日まで延長(09/23)

首都の制限再強化1週目、交通密度19%減(09/23)

【グラフでみるASEAN】輸出額(7月) 3カ国でマイナス成長(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン