政府と協調路線で福祉充実:労組最大勢力、4分野の改善要求

インドネシアの労働組合は今年、政府との協調路線を探る。数年前から最低賃金の引き上げを要求する労働者の不満を解消するためにデモ活動を強めてきたが、新たに発足したジョコ・ウィドド政権が労働者の生活支援策を強化することに期待。住宅、交通、医療、教育の4分野を手厚くす…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 医療・医薬品建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

27兆ルピアの政府開発案件、スクークで調達(14:56)

腐敗認識指数、ASEANは5カ国で改善(09:50)

【NNA景気指数】ベトナム 2020年第1四半期予測(01/27)

テイクオフ:電動自転車に乗ってフー…(01/27)

ブチルゴムを1.5倍に増産へ ソフトプレン、新工場を開所(01/27)

国内航空会社の武漢便を全便運休に=運輸省(01/27)

19年の二輪車販売台数は1.6%増、産業省(01/27)

スズキ、インド生産の完成車輸入が大幅減少(01/27)

古河電工、洪水被災工場が操業を再開(01/27)

グラブ、バリ空港で配車サービスを開始(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン