• 印刷する

カレーのCoCo壱番屋、比に進出

壱番屋(愛知県一宮市)が運営する「カレーハウスCoCo壱番屋」が、フィリピンに進出する。早ければ2月にもマニラ首都圏パシッグ市に開業したばかりの商業施設「エスタンシア」で1号店を開店。フィリピンは9カ国・地域目の進出先となる。

CoCo壱番屋の担当者は、「米食の文化があるフィリピンでも、日本式のカレーは多くの人に受け入れられるだろう」と話している。フランチャイズ(FC)店として展開するが、今後の出店計画は、現段階では明らかにしていない。

昨年末段階で、CoCo壱番屋の日本国内店舗数は1,262店、海外は139店舗。東南アジア諸国連合(ASEAN)では、タイに23店、シンガポールに4店、インドネシアに1店を構えている。中国、台湾、香港、韓国、米国(ハワイ・ロサンゼルス)にも進出している。

フィリピンに進出している日本の外食チェーン店では、「ペッパーランチ」「一康流ラーメン」「らーめん山頭火」などがある。


関連国・地域: 中国香港台湾韓国フィリピン日本ASEAN米国
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本では女子中高生など…(08/05)

産業向け不動産、市況堅調に 首都圏南方、外出制限が追い風(08/05)

コロナ感染新たに6352人、計11万2593人(08/05)

地場航空3社、マニラ発着の国内線運休(08/05)

労働者への補償要求、外出制限強化で(08/05)

国家警察、首都圏などで検問所再設置(08/05)

セブ港に新国際コンテナ港、21年着工へ(08/05)

会社登記6万件超、外出制限の開始後(08/05)

政府系サイトに求人2万件、コロナでも(08/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン