• 印刷する

地場三益楽器、河合楽器の筆頭株主に

韓国の楽器メーカー、三益楽器が河合楽器製作所(静岡県浜松市)の筆頭株主に浮上したことが分かった。

同社は昨年11月に河合楽器の株式5.05%を取得。さらに、5.81%を追加取得したことで同社の持ち分は10.86%となり、筆頭株主だったスパークス・アセット・マネジメント(東京都品川区)上回った。三益楽器は、3月30日に関東財務局に大量保有報告書を提出した。三益楽器関係者は毎日経済新聞の取材に対し、河合楽器の株式取得について「単なる投資目的」と答えている。

しかし、三益楽器はこれまでにも、ドイツや米国の海外の楽器メーカーの買収・売却を通じて事業拡大に力を入れており、今回も中国の中・高価格ピアノ市場で高いシェアを持つ河合楽器を通じて、同国市場のシェア拡大を狙うとの見方が有力だ。三益楽器の同国シェアは現在17%と、3~4位にとどまっている。


関連国・地域: 中国韓国日本米国欧州
関連業種: その他製造メディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

19年成長率2.5%に減速へ 韓国銀行見通し、輸出と投資不振(04/19)

韓国銀行、政策金利1.75%で据え置き(04/19)

スマホ決済市場が拡大、今年100兆W超予想(04/19)

中小企業向け株式市場、今年の上場まだ1社(04/19)

消費が減少傾向鮮明に、所得増も=新韓銀行(04/19)

韓国の電子部品メーカー、越で機械設備取得(04/19)

起亜自がEVコンセプトカー、NYショーで(04/19)

現代自、ジェネシスにV2X機能を搭載(04/19)

リコー、韓国のX線検査装置企業と合弁(04/19)

LG電子、レストラン向けにロボット開発へ(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン