【7億人の選択】最終回・第2次シン政権発足、 インド経済の現状と課題

この小論では、近年のインド経済の動向を振り返り、第2次マンモハン・シン政権の経済政策の課題を考えてみたい。 ■世界同時不況で外国資本が逃避 新興市場国の内需は堅実であり、先進国の不況による影響は軽微だという「デカップリング論」が流布していたが、2007年以降の米…

関連国・地域: インド
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド政府は25日、ア…(01/27)

日系機械が販路拡大狙う 製造業に潜在需要、11社が出展(01/27)

スズキ、小型車「エスプレッソ」の輸出開始(01/27)

MGモーター「ZS」、208万ルピーから(01/27)

起亜自、新興国では内燃機関車に軸足(01/27)

スズキ、インド生産の完成車輸入が大幅減少(01/27)

バジャジとトライアンフの提携、正式に始動(01/27)

二輪TVS、電動車市場に参入(01/27)

二輪レンタルのバウンス、1億ドルを調達(01/27)

二輪車の需要弱く、BS6値上げで=ICRA(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン