ソロス氏香港拠点、来月始動:運用資産は最大100億米ドルに

米著名投資家のジョージ・ソロス氏が来月初め、アジアで初めてとなる香港事務所を開設する。運用資産規模は80億~100億米ドル(約6,520億~8,150億円)に上り、成長市場と見込む中国を中心としたアジア向け投資の拠点とする構えだ。ただ、1998年のアジア通貨危機の際、ヘッジ売りを…

関連国・地域: 中国香港マカオ台湾韓国北朝鮮タイベトナムミャンマーカンボジアラオスマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンインド日本アジアASEAN米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

香港・本土の企業資金接続 HKMAが検討、大湾区の一環(02/21)

HSBCの18年12月期、香港は2割増益(02/21)

保険のFWD、大湾区市場の開拓に意欲(02/21)

中小の銀行融資審査、18年4Qは少し容易に(02/21)

反発、大湾区関連銘柄に買い継続=香港株式(02/21)

銀聯、旧正月の香港取引額が4割増に(02/21)

1月の訪日香港人3.9%減、再びマイナスに(02/21)

大湾区は「中国のEUに」、専門家(02/21)

大湾区の貿易にワンストップサービス、広東(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン