【ASEAN経済共同体】産業政策に尽きない矛盾:行き着く先はプロトン

【第12回】東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国の中で、マレーシアほど自動車産業が独自路線を歩んでいる国はない。1980年代に始まった国民車政策を引きずって、いまだに保護が続いている。2014年に公表した新しい自動車産業政策で地域のエコカーハブを目指すと宣言したが、実現…

関連国・地域: 中国韓国タイマレーシアインドネシアフィリピンインド日本ASEAN米国欧州
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

(表)世界の新型肺炎感染者数(25日正午) 韓国の感染893人、中国に次ぐ感染国に(02/26)

テイクオフ:マレーシア人として、2…(02/26)

27日の景気刺激策発表は延期 政権空白、低迷長期化のリスク(02/26)

【ダイヤモンド・オンライン】AirPods危機!新型肺炎でアップルの超ヒット商品が入手困難になる理由(02/26)

国王が下院議員と個別面談、次期首相任命へ(02/26)

RM1=26.1円、$1=4.23RM(25日)(02/26)

外資系スーパーの規制緩和、面積引き下げ(02/26)

新店効果で19年は増収増益、イオン現法(02/26)

新自動車政策、国民車メーカーに最大の恩恵(02/26)

アルミ精錬プレスメタル、19年は減収減益(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン