【北朝鮮】開城工団存続の危機、企業も北も苦悩

開城工業団地に、政府などから工場を賃貸している企業31社のうち、40%が南北の対立状態が続いた場合、年内を乗り越えるのは難しいと考えていることが明らかになった(無回答の10社を除く)。 毎日経済新聞の調査によると、40%のうち、持ちこたえられる期間を第4四半期(10~12月…

関連国・地域: 韓国北朝鮮
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:闘志あふれる姿を忘れま…(06/22)

コロナで出前・宅配の利用増 メニュー多様化、生鮮品も宅配で(06/22)

【日本の税務】海外赴任時の「納税管理人の届出書」(06/22)

コロナ新規感染者、6日ぶりに300人台(06/22)

5月の自動車産業、生産と輸出がプラス(06/22)

4年目のLG具会長、電池・有機ELに軸足(06/22)

「専門家提言に矛盾」、海外メディア報道(06/22)

経済回復にワクチン接種急務、韓国機関発表(06/22)

サムスンディスプレー労組が創業初のスト(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン