【ASEAN経済共同体】産業基盤、インドシナへ拡大:タイ国力低下克服の鍵

【第14回(最終回)】長引く新車市場の低迷。中長期でみた国力低下への懸念。東南アジア諸国連合(ASEAN)の自動車産業を引っ張ってきたタイが、さらにもう一段飛躍できる可能性は残されているのか。将来を左右するのは、生産性向上に加えて、インドシナ半島との経済の緊密化…

関連国・地域: タイベトナムミャンマーカンボジアラオス日本ASEAN欧州
関連業種: 自動車・二輪車化学農林・水産その他製造運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「コップンカー」。タイ…(04/24)

ラオス・タイ友好橋、開通から25周年(04/24)

1~3月の車生産は4%増 国内向け好調、215万台目標へ前進(04/24)

1~3月の車輸出、2%増の30万台(04/24)

豊田通商、ラッピング広告フレアと業務提携(04/24)

広告アクア、選挙特需で増収増益予測(04/24)

最高行政裁が賠償命令、鉄道事業の破棄で(04/24)

タイエアアジア、7月にシアヌークビル便就航(04/24)

セントラル、3空港免税店の入札書類購入(04/24)

発電公団のLNG調達入札、週内に結果発表(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン