【ラオス経済通信】越不動産大手が製糖工場着工:(第11回)

■越不動産大手が製糖工場着工 南部のアタプー県プーヴォン郡で11月22日、ベトナムの不動産大手ホアンアイン・ザーライ(HAGL)グループによる製糖工場の定礎式が行われた。ラオス側からはソムサワット・レンサワット副首相、ベトナム側からはグエン・スアン・フック副首相ら…

関連国・地域: タイベトナムラオス
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

農薬の事前登録制度導入、安全性確保が目的(10/18)

ラオス・タイの通信合弁、5Gを導入準備へ(10/18)

ラオスの国際競争力ランク、113位に後退(10/17)

チームコンサル、ラオスの水力発電所で契約(10/17)

日立が昇降機の子会社、事業を本格化(10/16)

ラオス南部4県、観光振興でベトナムと連携(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン