• 印刷する

日本の総合商社3社、韓国輸出入銀とMOU

三井物産や三菱商事、丸紅の総合商社3社は28日、それぞれ韓国輸出入銀行と包括的な業務協力に関する覚書(MOU)を締結したと発表した。

今後、商社各社は輸出入銀と個別に、◇電力◇新エネルギー◇水◇石油とガス◇インフラ◇船舶――などの分野における情報・意見交換を行っていく。

三井物産は「これまでも、エジプトにおける重油精製設備の建設や、メキシコの液化天然ガス(LNG)受け入れターミナル運営事業において、韓国輸出入銀より融資、保証を得て事業を推進してきた。今回のMOUにより、有望な新規案件の発掘を含め、さらに海外での投資促進および取引拡大を目指したい」とコメントした。同社広報担当者はNNAの取材に対し、「ほかの日本企業の海外進出を助けると同時に、韓国企業との案件も含まれる」と説明した。

輸出入銀関係者は「日本だけでなく、欧州や米国などの海外企業との業務協定を持続的に推進しながら、韓国企業の海外進出のためのグローバルな協力体制を構築していく計画」と話した。

輸出入銀は、2000年以降、日本の総合商社と韓国企業が合同で行った7つ以上の事業に対し、プロジェクト・ファイナンス(PF)型式で、総25億3,000万米ドル(約1,940億円)の支援を行ってきた。


関連国・地域: 韓国日本中南米アフリカ
関連業種: その他製造金融天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者15万人弱、死者40人増(10:34)

ケッペル、韓国の廃棄物管理企業を買収(08/08)

テイクオフ:ソウルはこのところ、傘…(08/09)

〔アジア人事〕東海カーボン(08/09)

サムスン電子、初の労使交渉が最終合意(08/09)

新規感染者5.5万人、死者29人増(08/09)

ベトナム製鋼管、米国が迂回輸出で調査開始(08/09)

ソウル・大邱に業務拠点、サムスン電子(08/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン