ラオス・セカマン水発が着工、越がBOT

ラオス南部アタプー県で6日、ベトナムがBOT(建設・運営・譲渡)方式でラオスに投資する案件としては最大となるセカマン第1水力発電所の起工式が行われた。ベトナム国営通信(VNA)が報じた。 同発電所の出力は322メガワット(MW)で、年間平均発電量は12億キロワット時…

関連国・地域: ベトナムラオス
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ラオスで燃油不足の懸念が再燃(08/08)

中国との外相会談、国際問題に協力で合意(08/08)

Bグリム、ラオス電力公社と業務提携(08/08)

ミャンマーの脅しに屈す、共同声明骨抜き(08/08)

携帯データ通信料の安さ、ラオスは世界72位(08/05)

CLMV労働者の雇用申請、ネットで受付(08/05)

インドネシアと発電所管理で協力(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン