ラオス証券市場が開場 :韓・タイ・越で綱引きも

ラオス証券取引所(LSX)が11日、ビエンチャンで開場した。韓国取引所(KRX)がLSXに出資。また、タイとベトナム資本の証券2社が認可され設立した。新興市場への足がかりを狙う各国の思惑がうかがえるが、同証取の英字ウェブサイトに取引結果は開示されておらず、ラオス…

関連国・地域: 韓国タイベトナムラオス
関連業種: 金融建設・不動産IT・通信電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

日タイ企業は周辺国で連携を 調達・販売で補完関係=専門家(11/19)

政府、違法輸入車の取り締まりを強化(11/19)

Bグリム、カンボジア太陽光発電に参入(11/19)

文大統領、ASEAN各首脳と会談へ(11/19)

再生エネのマッタン、国内外シェア拡大狙う(11/19)

韓国企業、国内初のオンライン宝くじ販売へ(11/18)

コメの生産量目標、350万トンに引き下げ(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン