炭酸飲料に課税、税収4兆ルピア増に期待

政府は、炭酸飲料に1リットルあたり最大5,000ルピア(約43円)を課税する方針を明らかにした。国家収入を4兆ルピア近く増やすことができると見込んでいるが、専門家からは飲食産業全体のコスト上昇につながるとの懸念の声が上がっている。12日付インドネシア・ファイナンス・トゥ…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

米エクソン、チェプ鉱区から撤退計画か(08/19)

首都公共バス電動化、英社やバクリーと覚書(08/19)

穴吹興産、不動産販売に参入 日系初、外資規制緩和で事業拡大(08/19)

グラブとコカ・コーラ、事業基盤強化へ提携(08/19)

清水建設が受注、MRT入札難航の末(08/19)

7月電動車販売、前年比8倍の1030台(08/19)

日航サーチャージ最高を更新、10~11月発券分(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン