• 印刷する

製造業の景況感、34%が向こう半年を楽観

台湾経済研究院(台経院)が25日発表した月例の製造業の景況感調査で、今後半年の景気について「良くなる」と答えたメーカーが34%を占めたことが分かった。前月比では12ポイントの大幅上昇。景気の先行きを楽観する見方が高まっている。

26日付蘋果日報が報じた。台経院の調査は、12月1~24日の実施で有効回答は600件。今後半年の景気について「変わらない」と回答したメーカーは45.3%、「悪くなる」は20.6%だった。「良くなる」は今年4月以来で初めて「悪くなる」を上回った。ただ台経院の洪徳生院長は「景気に影響を与える内外の変動要因は依然、多い」と指摘し、来年に景気が回復するかどうかは慎重に観察する必要があるとの考えを示している。

経済誌「天下雑誌」が11月16日~12月17日にかけて台湾企業のトップに対して行ったアンケート調査では、有効回答367件のうち来年の景気を「楽観している」との回答が28%、「悲観している」が72%。「楽観」の回答率は悲観を大きく下回ったが、前年同期と比べると13ポイント上昇した。来年の景気に対する懸念材料については、「欧米景気の低迷による需要冷え込み」を選んだ企業トップが70.57%(複数回答)で最も多かった。


関連国・地域: 中国台湾米国欧州
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染者、18日は2万3088人(18:08)

テイクオフ:台湾では暑いため日本に…(08/18)

新南向の収益、初の中国超え 上場企業の1Q投資、今後逆転も(08/18)

新型コロナの域内感染者、17日は2万4669人(08/18)

コロナ域内感染、来週から増加か=指揮官予測(08/18)

ファイザー乳幼児用ワクチン、19日到着へ(08/18)

モデルナ製2価ワクチン、来月にも台湾到着か(08/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン