【特集】ベトナムを読み返す~2003年:新型肺炎に鳥インフル、保護貿易の壁も

年の前半は新型肺炎(SARS)が世界中を震撼(しんかん)。ベトナムでもハノイを中心に5人が死亡した。全世界で約800人の死者を出し世界保健機関(WHO)が7月に収束を宣言した。中国とは対称的に、ベトナム政府の対応や情報公開が評価された。国際協力機構(JICA)の協…

関連国・地域: ベトナム日本米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

越クラウド市場、25年までに5億ドルへ(18:25)

越新興ライナン、農業革新へ 双日が出資、スマート分野で協業(11/26)

高端がコロナワクチン輸出へ 域内産第1弾、マレーシアに供給(11/26)

ソビコ、ベトジェット株3300万株を購入へ(11/26)

国営の工業団地開発社の株式売却、応札9者(11/26)

ハロン市下水道整備で約119億円の円借款(11/26)

鴻海がベトナムに新会社、生産拡大に準備(11/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン