電気こんろへの移行促進、各社が増産へ

インドネシア政府が、補助金対象燃料である3キロ入り液化石油ガス(LPG)ボンベを使用したガスこんろから、電気こんろに移行させる取り組みを進めている。国内全体では2023~25年に年間500万台の電子こんろの需要が見込まれており、メーカー各社は増産準備を急いでいる。22日付…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 電機その他製造天然資源電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

スタートアップの協業支援 ジェトロ主催、日イ21社紹介(10/07)

住商、東南ア最大級の水力発電開発に協力へ(10/07)

CO2削減目標、30年に32%減に引き上げ (10/07)

地場ECを税金収納機関に、税務局が検討(10/07)

小売りヘロー、岡部現法に土地建物を売却(10/07)

ホンダ二輪、G20用に電動スクーター提供(10/07)

食品ダイヤモンド、チカランの生産施設拡張(10/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン