最低賃金、引き上げ時期が焦点 前倒し求める政府、産業界は反発

タイの政府、財界、労働団体の代表で組織する中央賃金委員会は今月末、最低賃金の5~8%引き上げを提言する見通しとなっている。引き上げが実現すれば2020年以来となる。これまで最低賃金の引き上げは、翌年1月に実施されるのが通例だが、スチャート労働相は、物価高騰によって…

関連国・地域: タイ日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:フェイスブックには特定…(10/05)

〔アジア人事〕日産自動車など(10/05)

バーツ安に経済界の懸念募る 年初比で15%下落、続く弱含み(10/05)

【アジアの風、日本のゆくえ】(第14回) 少子化に負けるな日中韓!!(10/05)

国鉄が経営再建計画を承認、債務処理に10年(10/05)

SCG、デンソーや豊通と低温物流で提携(10/05)

【月次リポート】自動車ニュース(22年9月) 中国BYDが700億円投資、タイでEV生産へ(10/05)

アセットワイズ、9カ月で予約販売目標達成(10/05)

欧米に続き各国利上げ、アジア太平洋地域(10/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン