嘉義のドローン研究開発拠点が開設、20社入居

人工知能(AI)を活用したドローン(小型無人機)の研究開発(R&D)拠点がこのほど、嘉義県で運用を開始した。自由時報などが伝えた。 台湾体育運動大学の旧嘉義キャンパスの事務棟に「アジアドローンAIイノベーション応用研究開発センター」が設けられた。施設には20社・…

関連国・地域: 台湾
関連業種: その他製造IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:最近歯の治療をしている…(09/27)

企業3割弱、4Qの景気楽観 提示給与が高水準、水際緩和控え(09/27)

新型コロナの域内感染者、26日は2万8513人(09/27)

オミクロン派生型、新たに159人が域内感染(09/27)

【日本の税務】「国外財産調書制度」とは?(09/27)

検査キット実名制、30回分購入可に=1日から(09/27)

2Q世界AP出荷シェア、聯発科技が首位(09/27)

鴻海、ステランティスと2社目の合弁設立(09/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン