エネ省、再エネの外資規制撤廃を検討

フィリピンのロティリヤ・エネルギー相は、再生可能エネルギー分野の外資規制撤廃に向けた検討を進めていると明らかにした。国内に進出する企業が自社で電源を開発できるようにする狙いがある。マニラブレティンが14日伝えた。 当初は太陽光発電と風力発電での外資100%解禁を視野…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: IT・通信電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ショッピングモールの電…(10/05)

ピックアップ車課税に懸念 議会で審議進む、新車販売減も(10/05)

【アジアの風、日本のゆくえ】(第14回) 少子化に負けるな日中韓!!(10/05)

東芝ESS、地熱発電設備を一括受注(10/05)

エネ統制委、2社の電力値上げ申請却下(10/05)

9月の製造業PMI、内需拡大で改善続く(10/05)

欧米に続き各国利上げ、アジア太平洋地域(10/05)

アンヘレス報道官辞任、大統領府(10/05)

首都圏水道局、31億ペソで新トンネル建設(10/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン