中鋼、7月売上高は今年2番目の低水準

台湾鉄鋼最大手の中国鋼鉄(CSC、中鋼)の2022年7月の連結売上高は、前年同月比6.5%減の391億5,760万台湾元(約1,740億円)だった。前月比では12.5%減少し、単月としては今年2番目の低水準だった。 経済日報によると、中鋼単独の7月の出荷量は前月比15.1%減の68万4,000ト…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:フランス・パリ発祥の現…(10/06)

半導体生産額、23年もプラス シンクタンク予測、1.7%増(10/06)

【シリーズ小国経済】不況のラオスを行く 新鉄道と中国マネー(10/06)

新型コロナの域内感染者、5日は5万4874人(10/06)

モデルナ2価ワクチン、18~49歳が対象に(10/06)

今週感染ピークの可能性も、水際緩和は延期せず(10/06)

米の半導体戦略、台湾は「受け入れ可能」(10/06)

ラーガンの9月売上高、直近22カ月の最高(10/06)

広達、GMの車載コンピューター大口受注か(10/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン