45年の石炭火力の比率は13.2%、商工次官

ベトナムの全電源に占める石炭火力発電の比率は、2045年時点で13.2%に低下する見通しだ。ベトナム商工省のダン・ホアン・アン次官が、10日に開催された東南アジア諸国連合(ASEAN)のハイレベル政策対話で明らかにした。政府公式サイトが同日付で伝えた。 アン氏は、政府が…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

原発開発、首相の最終判断に 新電力計画案、数値記載見送り(10/05)

バーツ安に経済界の懸念募る 年初比で15%下落、続く弱含み(10/05)

党6中総会開幕、書記長が国際情勢に危機感(10/05)

【アジアの風、日本のゆくえ】(第14回) 少子化に負けるな日中韓!!(10/05)

9月PMIは52.5、再び前月割れに(10/05)

【月次リポート】自動車ニュース(22年9月) 中国BYDが700億円投資、タイでEV生産へ(10/05)

ダナン市、3Q成長率は39.2%(10/05)

動画配信、海外事業者にも許可取得義務付け(10/05)

銀行の格付けは発表しない、国家銀副総裁(10/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン