CATLの北米工場、10月までに計画発表か

車載電池大手の寧徳時代新能源科技(福建省寧徳市、CATL)が建設を計画している北米工場を巡って、9月または10月に正式な発表が出るとの観測が浮上している。消息筋によると、建設地の最終選定などが大詰めを迎えているという。ネットメディアの澎湃新聞が伝えた。 建設計画…

関連国・地域: 中国-福建米国中南米
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

自動車部品EP、電動バイク生産免許取得(18:01)

〔アジア人事〕ヤマトホールディングスなど(10/04)

シンガポール航空グループ、東アジアで増便(10/04)

中銀、人民元での燃油輸入代金の決済を容認(10/04)

フェロニッケル、中国企業の22%株取得(10/04)

シャオミ、差押資産はクアルコムへの支払い(10/04)

NZ携帯市場シェア、アップルが41%で最大(10/04)

衣料品やガス、輸出が回復 収支均衡図るも資源高重しに(10/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン