• 印刷する

テイクオフ:7月下旬、発熱があり、…

7月下旬、発熱があり、新型コロナウイルスのPCR検査を受けた。受付サイトに氏名・電話番号・居住地の三つを入力した後、担当者から電話をもらい、予約は即完了。翌朝、医療スタッフが自宅に来てくれ、綿棒で鼻と口の中をグリグリ。夜には陰性の結果が出た。費用は約500ルピー(約850円)。予約から結果受け取りまで、簡単かつ迅速で驚いた。

日本では今、新型コロナが大流行している。東京・神奈川の家族親族もこの1~2週間で5人が感染した。PCR検査や抗原検査を受けるのにかなり苦労し、朝からあらゆる医療機関に電話をかけたり、それでもつながらなかったり、大混乱だったらしい。

インドのような訪問検査は人件費が安かったりしないと実現が難しいのだろうか。日本はいろいろな面でインドより先進国。なんとかならないものか、と素朴に思ってしまった。(鈴)


関連国・地域: インド日本
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【日印国交70年】マネサール再生物語 ホンダ二輪、新時代へ(下)(09/30)

日印国交70年、両国若者が8日間900キロを旅(09/30)

政府、23年10月から6エアバッグ設置を義務化(09/30)

JFEとJSWの事業化調査、年内完了へ(09/30)

車載リチウム電池、投資必要額100億ドル(09/30)

伊イベコ、印トラックメーカーの少数株取得(09/30)

米大幅利上げで1ドル=82ルピー台間近(09/30)

主要駅3駅の再開発承認、事業費千億ルピー(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン