• 印刷する

政府認定スマートシティー、14県15カ所追加

タイのチャイウット・デジタル経済社会相は、同氏が委員長を務めるスマートシティー管理推進委員会が14県15カ所のスマートシティー開発計画を承認したと明らかにした。閣議承認を得ると、政府認定のスマートシティーは23県30カ所に増える。8日付クルンテープ・トゥラキットが報じた。

14県15カ所は、北部ピサヌローク県2カ所、チェンライ県、ナーン県、東北部ナコンラチャシマ県、ウボンラチャタニ県、東部ラヨーン県、チョンブリ県、南部クラビ県、パンガー県、サトゥン県、サムイ島(スラタニ県)、ソンクラー県、パッタニ県、ナラティワート県の各1カ所。

同スマートシティー開発計画は、スマートシティー開発推進委員会の承認を経て閣議提案する。閣議承認後に14県15カ所の代表にスマートシティー認定証を授与する。

スマートシティー案件の窓口のデジタル経済社会省傘下のデジタル経済振興機関(DEPA)は、スマートシティーによる経済効果が6億バーツ(約22億7,000万円)あると指摘。テクノロジー・デジタル産業の推進だけでなく、官民のデジタル化・効率化を後押しすることに期待を示した。


関連国・地域: タイ
関連業種: 建設・不動産IT・通信電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイ・バンコクを走る高…(10/04)

コメ兵、出店を加速 リユース文化拡大へ(10/04)

再生エネEA、乗用EVの開発計画を続行(10/04)

BMW販社、首都東部に旗艦ショールーム(10/04)

チェンマイ空港拡張、設計業者の選定開始(10/04)

ガルフ、大型ガス火力発電所第4基が稼働(10/04)

乾燥トウガラシさらに高騰、2万チャットに(10/04)

政府、再生可能エネ促進へ電力購入基準作り(10/04)

千葉・松戸に入管出張所、茨城の外国人も利用可(10/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン