• 印刷する

日本板硝子、太陽電池パネル用ガラス生産へ

日本板硝子は5日、マレーシアで太陽電池パネル用透明導電膜(TCO)付きガラスの生産設備の新設を計画していると発表した。

マレーシア国内を中心に建築用ガラス、自動車用ガラスの製造・販売を手がける日本板硝子のグループ会社マレーシアン・シートグラスが、ジョホール州ジョホールバルで操業する工場のフロート窯にオンラインコーティング設備を新設し、太陽電池パネル用TCOガラスを生産する。2024年3月期第4四半期(24年1~3月)の生産開始を予定している。

薄膜太陽光パネルの世界的メーカーで、日本板硝子と長期間にわたる協力関係を持つ米国ファーストソーラーの生産拡張方針に沿い、マレーシアでの太陽電池パネル用TCOガラス生産を決定した。

日本板硝子は、20年1月にベトナムで2窯目の太陽電池パネル用ガラスの専用フロートラインを稼働させたほか、同年11月には、米国オハイオ州でも新工場を稼働。製品はいずれもファーストソーラーに供給している。また、インドでも太陽電池パネル用TCOガラスの生産拠点の建設を進めており、23年下半期の稼働を予定している。


関連国・地域: ベトナムマレーシアインド日本米国
関連業種: 自動車・二輪車電機その他製造建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレーシアではたびたび…(10/04)

技術見本市、日系も売り込み スマートソリューションなど紹介(10/04)

新規感染1360人、2日連続で2千人未満(10/04)

早期の解散総選挙、連立政権内から反対の声(10/04)

RM1=31.2円、$1=RM4.65(3日)(10/04)

テナガとプラサラナ、LRT電力供給で提携(10/04)

MISC、エクソンとLNG船の用船契約(10/04)

NCT、工業団地開発でマイクロソフトと提携(10/04)

不動産エージソン、自販機販売事業を始動(10/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン