CATL、メキシコに電池工場建設か

車載電池大手の寧徳時代新能源科技(福建省寧徳市、CATL)がメキシコで電池工場の建設を計画しているもようだ。投資額は最大50億米ドル(約6,910億円)で、米電気自動車(EV)大手テスラや米自動車大手フォード向けに供給するとみられる。 ニュースサイトのテックウェブが18…

関連国・地域: 中国-福建米国中南米
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

〔アジア人事〕日本電産など(09/29)

テイクオフ:真っ赤な竜が火をはき、…(09/29)

地方が消費券を続々発行 国慶節に照準、4Q経済押し上げ(09/29)

【アジア本NOW】『世界珍食紀行』(09/29)

行政費の猶予措置を拡充、企業の負担軽減(09/29)

JICAと九電工、遠隔地の再エネ共同研究(09/29)

国家能源が重要インフラ19件着工、730億元(09/29)

エネ省、南シナ海のガス探査再開へ準備(09/29)

国慶節連休、道路旅客は3割減予測(09/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン