ウナギ養殖の上限据え置き、10年連続で同水準

【共同】水産庁は15日、養殖池に入れるニホンウナギの稚魚(シラスウナギ)の上限量について、来漁期(11月~2023年10月)と再来漁期(23年11月~24年10月)とも21.7トンに据え置くと発表した。実際に上限が維持されれば10年連続で同じ水準となる。中国、韓国、台湾との国際協議で…

関連国・地域: 中国台湾韓国日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

ペトロナスとLNG供給で協力 経産省、需要期前に供給確保急ぐ(09/30)

三井住友建設、マニラ地下鉄の駅舎受注(09/30)

批判は「承知」、国葬へのミャンマー招待(09/30)

「ミャンマーに注目を」、拘束の久保田氏(09/30)

交通インフラ、中国への高速道が優先=副首相(09/30)

「世界の台所」の商機探る 地場は代替素材や自動化に関心(09/30)

テイクオフ:ゴウッと風が鳴り、その…(09/30)

【日印国交70年】マネサール再生物語 ホンダ二輪、新時代へ(下)(09/30)

日本食の「次世代」育てる 食品輸出、地場巻き込む新枠組み(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン