電力公社、抜本的な経営改革へ

ラオス電力公社(EDL)のチャンタブン・スーカルン社長は、抜本的な経営改革を進める方針を改めて強調した。EDLは、長年にわたり経営不振が続いている。ラオス・タイムズ(電子版)が7日伝えた。 チャンタブン・スーカルン社長は開会中の国会で、EDLの経営不振の要因と…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

キューバ首相がラオス訪問、協力関係強化へ(10/06)

【シリーズ小国経済】不況のラオスを行く 新鉄道と中国マネー(10/06)

中国、ラオスでの人民元決済銀行を指定(10/05)

米フォード、ピックアップなど4車種発売(10/04)

8月の貿易収支、1.66億米ドルの赤字(10/03)

交通インフラ、中国への高速道が優先=副首相(10/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン