発電時の廃熱、冷房に活用=パナ

【共同】パナソニックはガス発電の際、空気中に捨てられる熱を冷房に生かす空調システムの販売に乗り出した。化石燃料の高騰で電気料金が値上がりする中、病院や工場などの省エネ需要に応える。廃熱を空調に応用するシステムの国内市場規模は2030年に約1,300億円まで成長すると見込…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機食品・飲料電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

労働者海外派遣、再開で急増 先行の日本、今年は過去最多に(09/29)

〔アジア人事〕日本電産など(09/29)

日系の景況感、改善に重し ロシア・中国「悪影響」が6割に(09/29)

隔離廃止で「いざ日本!」 予約殺到、リベンジ旅行に期待(09/29)

脱炭素、日系各社の商機高まる エネルギー展示会で確かな手応え(09/29)

初の県産品本格プロモ実施 富山県、ハイブリッドで販路拡大(09/29)

日鉄合弁、製鉄所を大型増強 4100億ルピー投資、25年から稼働(09/29)

アンモニア活用やCO2貯留 炭素中立へ、日系企業と連携加速(09/29)

ホンダ、「スクーピー」の新型3モデル発売(09/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン