首都で水上太陽光発電施設を開発=電力省

ミャンマー電力省は、2023年度(23年4月~25年3月)に首都ネピドーで、水上太陽光発電施設を開発する計画を明らかにした。28日付国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが伝えた。 パウンラウン、ヤンアウンミン、チャンマジーの3カ所のダム湖に計18施設を建設す…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 電機電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

ヤンゴン管区、工業団地への電力供給で協議(12:21)

タイへの水産品輸出、4~7月は5304万ドル(12:02)

4月CPI、前年比17%超 クーデター以来最大の伸びを記録(08/16)

8月に入って15%超下落、対バーツで(08/16)

違法両替商7人を逮捕、東部のタイ国境で(08/16)

パーム油9000チャットに、参考価格の2.5倍(08/16)

4~7月の果物輸出、4500万米ドル(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン