半導体不足さらに長期化、米大手「24年まで」

【共同】半導体の供給不足がさらに長期化する見通しであることが23日、分かった。世界有数の大手メーカーである米インテルのゲルシンガー最高経営責任者(CEO)は「少なくとも2024年まで続く」と予測する。デジタル化の進展を背景とした需要の急拡大に、供給力が追い付いていな…

関連国・地域: 台湾日本米国
関連業種: その他製造IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

野村アセット、ESGシャリアファンド発売(17:49)

ANA、7月11日から北京発成田行き再開(14:14)

キリン、ミャンマー事業の売却決定(13:05)

〔アジア人事〕リコー(06/30)

財閥CP、飲食店のOJT開始 APCDと協力し障害者の研修(06/30)

SKD車の価格が高騰、日本製中古車も(06/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン