AIが業務メール監査、不正兆候を的確に捕捉

【共同】人工知能(AI)が社内の業務メールを分析し、法令違反や機密情報の漏えいを防ぐサービスをベンチャー企業のフロンテオ(東京)が提供している。文章の微妙なニュアンスを察知し、不正の兆候を的確に捉える。企業の監査部門の負担軽減につながるといい、280社以上が利用す…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機IT・通信サービス


その他記事

すべての文頭を開く

北部MRT駅に商業施設開業 JR東、エキナカ事業の第1弾(07/01)

ビジネス向けビザ、政府発行の招聘状不要に(07/01)

ウクライナ侵攻で飢餓拡大、アジアにも波及(07/01)

ダブルドラゴン、北海道でホテル開発(07/01)

トヨタ、スズキ開発の新型SUVを発売へ(07/01)

オリックス、自動車販売会社との合弁解消(07/01)

日本ハム、健康と環境で差別化 7月半ばに植物由来の商品投入へ(07/01)

キリン、ミャンマー事業売却 合弁ビール会社の自己株式取得で(07/01)

テイクオフ:「フェス」などと称され…(07/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン