• 印刷する

テイクオフ:早くマスクを外して自由…

早くマスクを外して自由になりたい。その気持ちを抱えて過ごしてきたコロナ下の2年。ただ大都市ジャカルタでは、心から安心してマスクを外せる日はやってこないかもしれない。

コロナ感染のことではない。ジャカルタの大気汚染の悪化が再び注目されるようになった。経済活動が復調して戻ってきたのは街中の渋滞と大気汚染だった。思えば話題となっている首都移転計画も、ジャカルタの人口集中による環境悪化を避けるためだった。

コロナ下で健康意識が高まり、外でジョギングや自転車に乗って運動する人が増えているといわれている。ただ現状では本当に健康のことを考えると、空気の質を気にして外で運動しない方がよいという結論になるのかもしれない。たとえ、新型コロナがエンデミック(日常的に流行する感染症)となっても、ジャカルタでマスクの常備は必要そうだ。(純)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

インドネシア、鶏肉の輸出許可(07/01)

租税特赦第2弾、徴収額は54兆ルピア(07/01)

ボーキサイト採掘社、アルミナ精錬増強完工(07/01)

新首都、森林都市の実現へ 22年は100万本の苗木栽培(07/01)

MRT入札難航工区、今月契約締結へ(07/01)

冷蔵倉庫10.5万トン分追加、総容量5%増(07/01)

ASEAN特使再訪、長丁場見据え(07/01)

海外で接種のワクチン証明、各自で認証へ(07/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン