米カーギル、浙江平湖にシロップ生産拠点

米食品大手カーギルは20日、浙江省平湖市でシロップの生産拠点を着工した。年産能力は5万トン。2023年春に稼働する予定。同社初のシロップ生産拠点となる。 同拠点には、シロップの生産ラインのほか、飲食の研究開発(R&D)センターも併設し、飲食業界向けに新たなソリューシ…

関連国・地域: 中国-浙江米国
関連業種: 食品・飲料建設・不動産サービス


その他記事

すべての文頭を開く

7月の新車販売3割増 同月の過去最高、政策支援が効果(08/12)

新エネ車の製販台数、23年は730万台に(08/12)

7月の中古車取引1%減、回復傾向継続(08/12)

下期にCPI3%以上の月も、中央銀行(08/12)

海運船に空きも、需給関係が徐々に逆転(08/12)

7月の掘削機販売がプラスに、輸出が下支え(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン