• 印刷する

電気料金、9~12月に過去最高に上昇見通し

タイのエネルギー規制委員会(ERC)のコムクリット事務局長は、9~12月の電気料金が過去最高の1ユニット(キロワット時)当たり4.4バーツ(約16.8円)に上昇するとの見通しを明らかにした。ロシアのウクライナ侵攻の影響によるガス価格高騰で、電気料金に含まれる燃料調整料金(FT)の引き上げが避けられないため。20日付バンコクポストが伝えた。

FTは4カ月ごとに見直しており、9~12月のFTは0.4バーツ引き上げる見込み。タイ湾内のガス田の生産量が不足しているため、国際市場で割高な液化天然ガス(LNG)を調達する必要があるため。

タイ産のLNG価格は100万BTU(英国熱量単位)当たり10米ドル(約1,350円)だが、国際市場の価格はロシアのウクライナ侵攻前の10米ドルから現在は20~30米ドルに上昇している。

5~8月のFTは0.47バーツ引き上げた。これにより、電気料金は4.0バーツに上昇した。タイ発電公団(EGAT)がFT上昇抑制のため、1ユニット当たり0.24バーツ、総額800億バーツの費用負担を行ったが、これがなかった場合、電気料金は4.4バーツに上昇していた。


関連国・地域: タイ
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

バイオ燃料アジア、製紙用木質片事業に投資(08/19)

新規の感染2110人、死者27人(19日)(08/19)

訪日の夢、制度に課題=会長 高まる海外就労意欲と日本(4)(08/19)

最低賃金、引き上げ時期が焦点 前倒し求める政府、産業界は反発(08/19)

プロトン、EV市場に参入へ 23年第4四半期に「スマート」発売(08/19)

新規の感染2143人、死者29人(18日)(08/19)

グラブとコカ・コーラ、事業基盤強化へ提携(08/19)

二輪ロイヤル、350ccの新型車発売(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン