〔ミ島通信〕シーオイル、輸入・貯蔵施設を着工

フィリピンの石油元売り会社シーオイル・フィリピンは2日、ミンダナオ島西部のサンボアンガ市特別経済区(サンボエコゾーン)に石油製品の輸入・貯蔵施設を建設すると発表した。投資額は7億4,000万ペソ(約18億3,000万円)を見込む。 貯蔵施設の容量は1万8,000立方メートルで、…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台風16号が北部ルソン…(09/29)

ペソ、一時59ペソ台に下落 最安値を更新、成長鈍化強まる(09/29)

比商議所会頭、ペソ安で「値上げ必至」(09/29)

【アジア本NOW】『世界珍食紀行』(09/29)

経済区庁の投資認可、1~8月は日本首位(09/29)

エネ省、南シナ海のガス探査再開へ準備(09/29)

エネ省、米社LNG基地の建設認可まだ(09/29)

アトランティック、LNG事業拡大に意欲(09/29)

中堅銀行PBコム、マレーシア系保険と提携(09/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン