• 印刷する

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に

日本政府は26日、6月1日から実施する新型コロナウイルスの水際対策の緩和措置を発表した。現在は、入国者全員に到着空港での検査を求めているが、98カ国・地域からの到着する人については、検査や自宅待機を免除する。

感染者数などリスクの高い順に世界各国を「赤」「黄」「青」の3グループに分類。赤の4カ国は入国時検査と指定ホテルで3日間の待機を求めるが、ワクチン3回目接種者は最短3日間の自宅待機とする。黄の99カ国・地域は入国時検査と最短3日間の自宅待機が必要だが、ワクチン3回目接種者はいずれも免除する。青の98カ国・地域は検査も待機も免除。入国者の8割程度が検査や待機免除となる。

アジアの多くの国は青だが、インド、ネパール、スリランカ、ベトナムなど一部の国は黄、パキスタンは赤となっている。グループは今後、リスクに応じて変更する。3グループの分類は以下から閲覧が可能。<https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/100321850.pdf

なお、海外での出国前72時間以内のPCR検査の陰性証明書は引き続き必要だ。

水際対策の緩和に伴い1日当たりの入国者数上限も現行の1万人から2万人に引き上げる。観光客の入国も10日から認めるが、青グループの国・地域からの添乗員同行ツアーに限定する。


関連国・地域: 中国香港マカオ台湾韓国タイベトナムミャンマーカンボジアマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンオーストラリアニュージーランドインド日本パキスタン米国欧州
関連業種: 医療・医薬品運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

〔アジア人事〕アルゴグラフィックスなど(07/04)

テイクオフ:中国にはいくつかの日系…(07/04)

北部MRT駅に商業施設開業 JR東、エキナカ事業の第1弾(07/04)

加賀電子、ペナンの生産拠点を移転拡張(07/04)

ウクライナ侵攻で飢餓拡大、アジアにも波及(07/04)

トヨタ、新型SUVを発売へ スズキ協業「ハイライダー」で攻勢(07/04)

丸紅、SA州LNG輸入に参画 24年冬季までに事業開始(07/04)

【書籍ランキング】6月16日~6月22日(07/04)

トヨタ子会社幹部、「スズキの調達力」を称賛(07/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン