ロシア食品店で被害、看板損壊や脅迫メール

【共同】東京都中央区のロシア食品専門店の看板を壊したとして、警視庁築地署が器物損壊の疑いで都内に住む米国籍の会社員の男(53)を逮捕していたことが25日、同署への取材で分かった。 また同署が25日までに、3月にこの店に「包丁を持って職員をめった刺しにする」などとメー…

関連国・地域: 日本ロシア
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売り社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

三菱重工、廃棄物焼却発電事業を完全子会社化(08/08)

日本が413億円支援、シアヌークビル港拡張(08/09)

〔アジア人事〕東海カーボン(08/09)

西鉄、ホテル運営を再始動 当面目標は年内に稼働率50~60%(08/09)

アンモニア混焼実験に成功 IHIと国営電力ら、脱炭素目指し(08/09)

日本語能力試験、願書2.5万通超が販売(08/09)

首都の交通データ販売開始 村田製作所、州政府に35カ所(08/09)

経常黒字ピーク比7割減、資源高で貿易赤字拡大(08/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン