台カ董事長、年内の海運市況を楽観視

台湾のフォワーダー(貨物利用運送事業者)大手、台カ国際投資控股(カ=馬へんに華)の顔益財董事長は24日、年内の海運市況に楽観的な見通しを示した。ロシアのウクライナ侵攻を背景としたサプライチェーン(調達・供給網)の再編などにより、運賃は高水準で推移するとみている。…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:週末に台北市の郵政博物…(08/11)

鴻海、2Q純利益が同期最高 22年の業績予測を上方修正(08/11)

台湾演習を終了、圧力常態化で衝突リスクも(08/11)

米排除へ武力行使示唆、22年ぶりに台湾白書(08/11)

国民党副主席が訪中、「統一戦線工作」のわなか(08/11)

新型コロナの域内感染者、10日は2万3665人(08/11)

旅客対象の陰性結果提出、全面取りやめ(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン