IPEF、半導体や脱炭素が求心力

【共同】バイデン米政権が提唱する新たな経済圏構想「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」が発足し、参加13カ国の関係閣僚による協議が始まった。経済連携の具体化に向けて温度差はあるが、関心が強い半導体や脱炭素化の技術協力が求心力となりそうだ。一方、東南アジア諸国連合…

関連国・地域: 中国台湾韓国タイベトナムミャンマーカンボジアラオスマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンオーストラリアニュージーランドインド日本ブルネイ米国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

ユーグレナと工科大、新規藻類の同定単離成功(18:14)

日本原産の白ゴマが高値で取引、マンダレー(21:15)

5月FDIは933.5万米ドル 前年実績の1%、日本の案件も(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

外資からSDP買い戻し、シャープのパネル事業(06/28)

5月の自動車販売、15.7%増の6.5万台(06/28)

ホテル運営バンヤンツリー、日本市場に参入(06/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン