日米豪印、5G連携強化へ

【共同】日本と米国、オーストラリア、インドの4カ国が、安全で信頼性の高い第5世代(5G)移動通信システムの国際的な普及に向けて、連携を強化する方針を固めたことが21日、分かった。覇権主義的な動きを強める中国を抑止するため、東南アジアで通信網の運用に携わる人材を育…

関連国・地域: 中国タイベトナムミャンマーマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンオーストラリアインド日本米国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ホテル運営バンヤンツリー、日本市場に参入(16:48)

進まないクーデター対応 ミャンマー難民申請者(06/27)

〔アジア人事〕村上開明堂など(06/27)

公共空間のマスク義務を解除 自主警戒を呼びかけ、懸念の声も(06/27)

新首都インフラ計画アピール 日系企業に迅速な協力要請(06/27)

コロナ後も日本旅行に熱視線 JNTO、20~40代初訪日に照準(06/27)

ウクライナ避難民厚遇、「緊急措置」と首相(06/27)

スズキ開発車両をトヨタが生産 両社で販売、トヨタ版は7月発表(06/27)

難民と避難民(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン