共用オフィス米社、東南アで法人需要増加

コワーキングスペース(共用オフィス)運営大手の米ウィーワークの東南アジア事業が好調だ。法人顧客との契約が増えているためで、現在は同地域の会員の46%を法人が占めている。 ウィーワークの東南アジア・オーストラリア事業を統括する幹部によると、東南アジアでは2022年1~…

関連国・地域: シンガポール米国
関連業種: 建設・不動産サービス


その他記事

すべての文頭を開く

新規感染5309人、7日連続5千人超(27日)(12:10)

テイクオフ:新型コロナウイルスの流…(06/28)

30年までに3兆ドルの投資機会 東南アジアのグリーン経済(上)(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

中小企業助成金、総額1億3200万Sドル支給(06/28)

外資からSDP買い戻し、シャープのパネル事業(06/28)

ホテル運営バンヤンツリー、日本市場に参入(06/28)

カスタマイズPC企業、ショールーム開設(06/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン