スマホ市場に変化、大衆向けの出荷減

インド国内のスマートフォン市場で、これまでのけん引役となってきた価格が1万ルピー(約1万7,000円)を下回る、いわば大衆向け製品の出荷が減少している。半導体不足や輸送費の上昇による転嫁で値上がりしているほか、消費者のトレンドの変化もあるようだ。エコノミック・タイム…

関連国・地域: インド
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

エタノール貯蔵能力増強へ 国営石油3社、バイオ燃料政策で(06/24)

ミャンマー危機、「域内貿易協議の妨げ」(06/24)

タタ自、EV「ネクソン」発火で調査開始(06/24)

豪印、中国にらみ協力強化 両国の国防相が会談(06/24)

自部品の独ベーアへラ、西部プネで工場稼働(06/24)

ガス公社、LNG供給に小型液化装置を導入(06/24)

印ドローン新興ガルーダ、マレーシアに工場(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン