セブパシ航空、1~3月は赤字拡大

フィリピンの格安航空会社(LCC)最大手セブ・パシフィック航空を運営するセブ・エアーが12日発表した2022年1~3月期連結決算は、最終損益が76億1,280万ペソ(約187億円)の赤字だった。赤字幅は前年同期比4.3%拡大した。 燃料高が影響したほか、米ドル高に伴うドル建て融資…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「きょうはもう閉店です…(08/11)

経済特区新設へ再び法案 下院で提出、大統領の拒否受け(08/11)

東南ア日本商議所、ASEAN事務局と対話(08/11)

マリタイム銀、中古貨物船を競争入札で売却(08/11)

FDI純流入、5月は64%増(08/11)

原子力特別委、下院で発足(08/11)

エネ相、発電燃料で「国産化を強化」(08/11)

化学D&L、1~6月は過去最高益(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン