22年のCPI上昇率予測、上方修正=中央銀

台湾の中央銀行は17日、2022年の台湾の消費者物価指数(CPI)上昇率を2.37%と予想した。21年12月時点の予測値から0.78ポイント引き上げた。予測通りとなれば、08年(3.52%)以来の高さとなる。ロシアによるウクライナ侵攻に伴う原油価格や物価の上昇を理由に挙げた。 工商時…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本の実家に滞在中、突…(08/16)

7月の工作機械輸出額28%増 機械設備も2割増、過去最高記録(08/16)

台湾総統と米議員団会談、中国は軍事演習で対抗(08/16)

信金中金、販路開拓支援で初の実店舗活用(08/16)

中国、歴史絡め対日批判=台湾関与けん制(08/16)

新型コロナの域内感染者、15日は1万5596人(08/16)

自主防疫、「1人1室」なら自宅で可能に(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン